京都おせち

祝い肴三種ってなに?

関東と関西では、祝い肴三種といっても、同じではありません。

 

祝い肴三種とは、最低限お正月を迎えられ、祝うことができるとされているうお品のことです。
逆にこれがなければはじまらないとされているものですが、関西と関東では少しだけ違っているのも文化の違いという面でも面白いかもしれません。

 

 

関西風のおせちに入っている肴三種

数の子(かずのこ)
関東と同じく、卵の数が多いことから子孫繁栄の願いを込めている
たたき牛蒡
豊作のときに飛んでくると伝えられている黒い瑞鳥に形や色がにている豊作の願いを込めている。
黒豆(くろまめ)
関東と同じく、黒には魔よけの力があるとされていたので、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることの願いを込めている

 

 

関東風のおせちに入っている肴三種

黒豆(くろまめ)
黒には魔除の意味があるとされている。
まめに働き(勤勉)、まめに暮らせること(健康)の願いを込めている
田作り(たづくり)
醤油風味の飴炊きにしたごまめ(片口イワシの稚魚)。
豊作の願いを込めている
数の子(かずのこ)
卵の数が多いことから子孫繁栄の願いを込めている

 

その他のお品

・くわい
大きな芽が出ることから「めでたい」、芽が出る=出世の願いが込められている
・栗金団(くりきんとん)
黄金の団子という意味の「金団」。
見た目の色合いが豪華で金塊のように見えることから正月のおせちを華やかに彩ることもあるため。
・昆布巻き
「よろこぶ」の語呂合わせから。
・鰻の焼き物
鰻登りから出世の願いが込められている。しかし、これはごく最近の風潮。

 


人気No.1!京都料亭のおせちはこちら