おせちの中身・いわれ

おせち料理の具材のいわれ

黒豆

おせちの黒豆は、江戸時代に高級料亭として名高かった八百膳が考案したと言われています。「まめ」には体が丈夫なこと、熱心に励むことの意味があるため、新しい一年を「まめ」に過ごせるようにとの縁起を担ぎ、言葉遊びの大好きな江戸っ子の間で正月料理として定着しました。

 

伊達巻

伊達巻はそもそも仙台で有名な伊達正宗の名前からとってあり、彼はとても派手な風習を好んだ人物で、おめでたいこともとても目立った料理で演出したかったり、祝いたかったことから色合いの目立つ伊達巻をとりいれたのがはじまりで、お祝いのおせちの定番となりました。

 

かまぼこ

紅白かまぼこの原料である白身魚が大変高級なものとされていたからです。また、かまぼこは白身魚を加工をしてあるため保存ができることからより高級品とされています。さらに、紅白はお祝いごとの色であり、紅色は魔よけの色、白色は清浄の色とされています。そして、半円形は太陽の日の出と見立てられたため新しい門出を意味しています。

 

くるみ

胡桃がおせちに入っている理由は、胡桃の堅い殻が家庭を守るとされ、家庭円満の象徴とされたから。また「久留美」とも書き、「幾久しく美しさを留める」という縁起からとされる。

 

たつくり

たつくりのいわれは昔、田畑の高級肥料に片口イワシが使用されていたことから、五穀豊穣を祈願する意味合いでおせちに使用されるようになりました。
さらに「ごまめ=五万米」ともいわれていたことから豊作の意味合いもあります。

 

栗きんとん

栗は「勝栗」で縁起が良いものとされ、金団は金の団子や布団の意味で、その色や見た目から黄金に例えられて、金運や豊かさの象徴とされている。栗は日本中で手に入るため栗きんとんが縁起物としておせちに入ることとなった。

 

紅白なます

紅白なますがおせちに入っている理由は、繊切りの人参と大根の紅が「魔除け」、白が「清浄」を意味し、形が縁起物の紅白の水引に似ている為、それにあやかったものとされる。
昆布巻きは「養老昆布」をよろこぶと読み、その言葉にかけて、一家の繁栄を願うものです。日本料理の必需品である昆布で不老長寿と健康を願います。昆布巻きは3段目に入れる料理です。

 

錦玉子

卵本来の黄色と白身で鮮やかに飾れる物として入れられます。
お祝いの御膳を彩るお節料理の欠かせない食材として用いられます。
入れるだけで華やかになる食材の代表でもあります。

 

慈姑がおせちに入っている理由は、大きな芽が最初に1本出ることから「芽出たい」にかけて、出世を願う縁起物とされる。昔、仮名の「か(い)」を「くわ(い)」と発音したことから「快(かい)」にかけて、一年を快く過ごせるよう願いをかけたもの。
御節に鯛が入っているのは、他の祝い事でもよく用いられるのと同じ由来です。おめでたいの「たい」。「たい」=「鯛」の語呂合わせで、鯛は縁起物というところから来ています。

 

海老

おせち料理は,おめでたい席の料理で,加熱後の海老の朱色は祝いの膳に適しています。
また,海老の腰が曲がったような姿は,老人を連想できます。
そのため,長寿の願いを込めて用います。

 

数の子

数の子のいわれは、卵がたくさんあることから子供にたくさん恵まれるよう子孫繁栄を願って食べられるようになりました。
数の子はニシンの卵なので「二親」にとも言われ、二親健在とも言われています。


高級料亭の人気おせち 詳細はコチラ